AppCheck Pro for Windows Serverの紹介

AppCheck Pro(サーバー用)

サーバーのための最も進歩したランサムウェア対策ソフト

AppCheck Pro for Windows Serverはサーバーのために特別にデザインされたサーバー専用ランサムウェア対策ソフトです。 
ランサムウェアの脅威から次世代状況認識ベースのランサムウエア行為検出エンジンを利用して保護します。
万一、ランサムウエアがファイルを毀損したとしても、バックアップファイルから自動で復旧します。
AppCheck Pro for Windows Serverは、共有されたファイルをランサムウェアがリモートで暗号化しようとしても同様に保護します。

 

server001-01

共有フォルダー保護

• 既存のプロセスモニタリング方式は、ネットワーク共有フォルダーのリモートアクセスによる暗号化に非常に弱いです。
• CARBエンジンは、意図していないファイルがリモートで毀損される時にこれを検出し、リモートアクセスを遮断して毀損ファイルを復旧します。

server002-01

システム変更不要

• 簡単で便利な配布方法により、現在のセキュリティシステムを変更することなく、ランサムウェア防御レイヤーを追加できます。
• 動作が軽く、独立したエージェントはサーバーの性能に全く影響を及ぼしません。

server003-01

毀損されたファイルの復旧

• AppCheck Pro for Windows Serverは、ファイルの毀損とその予兆を検出してオリジナルファイルをバックアップして保護します。
• スケジューリングバックアップは、検出が失敗してファイルが毀損されても復旧が可能なようにバックアップソリューションを提供します。
• 共有ファイルがリモートから毀損される場合もこれを検出して遮断します。

server004-01

メンテナンス最小化

• 簡単で強力な管理者インターフェイスによりファイルサーバのセキュリティを効率的に制御できます。
• 自動化されたファイル復旧機能は特別な管理が不要なのでTCO(総保有コスト)を削減できます。

CMS 中央管理ソリューション

ランサムウェア防御を可視化する

CMSはランサムウェアからの保護に関する情報を可視化することができます。集中管理されたモニタリングとポリシー管理、ログ分析機能によりランサムウェアからの保護状況を一元的に管理できます。万一の場合にもバックアップ機能により重要な資産を保護し、また、Webベースの管理コンソールと総合的なレポートにより簡単な管理が可能です。

CMS001-01

メンテナンス最小化

• エンドポイントに保存された重要な知的財産ファイルを自動で保護します。
• サイレントインストールでユーザの日常業務に支障を与えることなく配布が可能です。

CMS002-01

多様なレポート機能

• 日付指定のほか多様なフィルターを使用して重要な情報だけで構成されたレポートを出力できます。

CMS003-01

どこでも制御

• HTML5で構成されたWebベースのコンソールで動作するので、管理者はWebブラウザだけですべての機能を制御可能です。
• モバイル端末のWebブラウザでもすべての機能を管理できるので、いつどこでもすべての機能を管理可能です。

CMS004-01

障害からの復旧

• 多様なバックアップオプションにより、組織の要求に合うバックアップ計画が可能です。
• 重要なファイルだけをバックアップしてストレージを効率的に使用できます。

CMS Cloud